あえて貯金を意識しない

生活・節約・貯蓄

昔の自分が貯金できなかったワケ

こんばんは、えーじです。
今現在無職のくせに出前館を頼む僕はアホなのかもしれません……実際アホか(‘A`)
まあ精神的デトックスと思えばいいかなと開き直っているおじさんです。

貯金したいなら使わない、原点やな。(某漫画のボクサー風
しかし、意外とそれができないのが人間です。パーキンソンの第二法則に抗う事はなかなかに難しく、約半数の方々が100万円の貯金すらできないのが実情です。
貯金を意識すれば使える額が減り、使う額が減ると「もっと使えるハズなのに……」というストレスとなり、そのストレスからお金を使いだしてしまい、結局貯金ができずに現状維持、というループが完成してしまう事がほとんどです。

だからこそ貯金を意識しない事が肝要になってきます。要は仕組みを作ればよいのです。その仕組み作りの手間くらいはかけてみてもいいのではないでしょうか?
ちなみにおじさんも重度の面倒くさがりです(?

先取り貯金のススメ

簡単に仕組みを作るならやはり先取り貯金が良いです。初めからなかったお金にしてしまえば余計なストレスを感じません。まあ先取り貯金といってもいくつか方法があります。

  1. ネット銀行に自動的に移す
    自分がやっている方法です。給料日の後に設定金額分だけ引かれるようにして手を付けなければ自然と貯まっていきます。生活防衛費&旅行費を貯めたかったので採用しました。ただこの方法は引き出そうと思えば引き出せてしまうのでそれが弱点でもあります。
  2. つみたてNISAで自動的に引き落としてもらう
    これも自分がやっている方法です。現在は無職のため設定を解除していますが、就職したらまた再開します。こちらの用途は老後資金なので絶対に手を付けないと決めています。本来は投資のカテゴリーに分類されるべきでしょうが、感覚的には貯金に近いなと思い紹介してみました。
  3. 自動積立定期預金を設定して自動的に引き落としてもらう
    つみたてNISAと違ってこちらは元本が保証されているので、投資をしたくないという方にはこちらの方法がよいかもしれません。利息は雀の涙ですが途中解約するとほぼ100%損をしてしまうため、満期までは引き出しにくいという利点があります。

ここで肝心なのは「自動的に」という事です。自動的にこれらを行えば意識せず貯金ができます。おじさんも全く貯金できませんでしたが、先取り貯金を知って仕組みを作ってからはストレスなく貯められています。最初にちょっとだけ頑張れば貯金できるのだからこれほど合理的な事はないと考えます。

今日はこの辺で。

生活・節約・貯蓄
スポンサーリンク
えーじをフォローする
元ニートのアラフォーがセミリタイアを目指すようです

コメント

タイトルとURLをコピーしました